映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

はにかんだ笑顔が好きだった

大原麗子さんが亡くなられた。
憧れのひとだった。あの、はにかんだ笑顔、柔らかな声が、とても好きだった。

CM制作者だったころ、一度、某社のスタジオですれ違った。
おはようございます、としか言えず、彼女は、軽く会釈をしてくれた。
いつか、いっしょに仕事をしたいと思いながら、ついに果たせず、
そして、永遠にその機会は失われたことになる。

大原麗子さん 享年62歳
広告が、商品メッセージだけでない世界観をもって、なにかを確実に伝えていた黄金期。

かって憧れた人たちの訃報が相次ぐ。
自分と同世代の方も、いる。

自分の番が来たとき、誰かになにかを残せていられるように
大事に生きないとなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください