映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ワールドワイドネームに改名したデミオ:MAZDA2

デミオがマイナーチェンジ。MAZDA2へ。
マツダはワースルドワイドネームに集約することで共通の世界観の構築を行うつもりかな?アクセラ→MAZDA3の直後だけにフルモデルチェンジ感があるけれど、MAZDA2はそう言う意味では部分改良なので印象は変わらない。
クマデジさんの感想が訊きたいなあと振ってみたら、制限速度オーバーのスピードで書いてくれました。流石です。Mazda 2 いわゆる元・デミオ。

鼓動デザインになってからマツダ車、みんな格好良くなっちゃって、デミオの面影なんかない、と思ってたけど、クマデジさんの上げた正面顔みると、あれ、意外とスマイル顔なんですね。鼓動デザインのライン、カッコいいなあとは思うんです。でも、格好良すぎて自分には似合わないなあと思う自分がいて、自分はスバル車くらいのどこか垢抜けない感じが残るデザインが好きなんですね(SUBARUデザイン最高なひと、ごめんなさい、ワタシ、ガンダムよりザクの方が好きな人なので許してください)。
そして公式ページの写真、女性ドライバーしか映っていない、のがこのクルマの狙いなのか。マツダは運転が楽しい、ドライバーファーストなのはコンセプトなんだろうけれど、女性ドライバーひとりで、助手席同乗者もなし。

クマデジさんも書いていたけれど、最廉価モデルの廃止とあわせて乗りだし価格が15万円アップ。でも、この仕様、この質感のクルマが150万円台からというのは、偉いと思うんですね。ワタシがインプレッサを買った時(前世代のGP系)は150万円台のモデルがあったのだけど、現行のインプレッサ(GT系)は全車EyeSightになったせいもあって(GP系は上位モデルのみEyeSight搭載)194万円台からだからなあ。

ただ、こうしてみると、デミオ(MAZDA2)ってラインナップの幅が広いだけで上位モデルはインプレッサと変わらないんですね。
この幅の広さはすごいなあ。しかもスバル車はこれに純正ナビつけるだけで20万以上がポンと上乗せされるのだけど、MAZDAコネクトはナビ用SDカード5万円弱を買えばOKというのも良いと思います。ただし、4年前に沖縄で乗ったCX-3(レンタカー)のナビはダメダメだった印象。あ、でもApple CarPlay対応になってるからナビはiPhoneにまかせる手もあるのか。

SUBARU_XV_135

デミオは昔、ラウムを買った時、デミオとすごく悩んでラウムにしたことがあるのでそれなりに記憶に強く残るクルマ。まあ、いまはスバル車ユーザーだけどね。

そうそう、ワールドワイドネームに統一するのは、コンセプトや世界観の演出という意味では正しいと思うんだけど、じゃあロードスターはロードスターのママなのはチョット矛盾がないですかね?

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください