映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

超高倍率ズーム : ED12-200mmF3.5-6.3 試用1

超高倍率ズームって、一時コンデジの流行りだったと思うけれど、主流か?っていえば微妙。一眼でも一応あるけれどキワモノ扱いというか、そんな印象。
で、オリンパスの超高倍率ズームレンズ ED12-200mmF3.5-6.3を借りて試してみたので、速報的に。(レビューは後日)

ED12-200mmF3.5-6.3_01

伸びます、ちょっと笑っちゃうくらい。
ただ、レンズ自体が軽い(455g)のせいか、重量バランスが崩れて使いにくい、とは感じませんでした。
いや、感想は後日、書くとして、取りあえず35ミリ換算24-400mmってどんな感じかと言えば

ED12-200mmF3.5-6.3_02
200mm(換算400mm)

ED12-200mmF3.5-6.3_03
100mm(換算200mm)

ED12-200mmF3.5-6.3_04
50mm(換算100mm)

ED12-200mmF3.5-6.3_05
25mm(換算50mm)

ED12-200mmF3.5-6.3_06
12mm(換算24mm)

いやあ、なんというか、これは便利だ(笑)
レビューや、自分の持ってるED12-100mm F4ISとの比較は後日。

ED12-200mmF3.5-6.3_07

関連エントリー
旅ズームとしてのED12-100mm F4 IS PRO
ED12-200mmF3.5-6.3 と ED12-100mmF4

–Ads–
いま気づいたけど、モデル末期とは言えOM-D EM5 MkIIが、12-40mmF2.8の銘レンズついて10万円って恐ろしくお値打ちじゃないすかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください