映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

夏休み、カメラを持って小豆島、豊島に

先月末、気がつけばJALのマイルが大量失効寸前だったので、どこかにマイルのミステリーフライトに失効分プラスアルファを突っ込み、小豆島/豊島をカメラバッグさげて回ってきました。

小豆島_豊島_001

いえ、どこかにマイルは目的地を自分で選ぶことはできません。6,000マイルで日程だけ決めると、「どこかに」往復フライトを取ってくれるJALの福引きミステリーエアチケットサービスです。一昨年の冬、これで千歳に飛んでいましたね。あれの再来です。

小豆島_豊島_002

今回の候補地は、徳島、札幌、松山、北九州。
残暑厳しい折、北海道に避暑フライト・・の夢は叶わず、届いたチケットは徳島空港往復。

小豆島_豊島_003

徳島に住んでいた友人のアドバイスをヒントに、小豆島、豊島、を巡るプランを練りました。徳島着が夕方遅いので、空港でレンタカーを手配、高松港まで走って一泊。翌朝、フェリーで小豆島に。小豆島をベースに豊島、場合によっては直島へと、まあ、その辺は行き当たりばったりでいいかと。気軽なひとり旅だし。

カメラはEOS RとOM-D E-M1 Mark II。それぞれレンズ2本。4日間で撮った写真は1,100枚と動画、タイムラプス用スチル。
EXIFで使った焦点距離を見てみます。以前、軍艦島でやった手法ですね。

小豆島_豊島_004

OM-D で300-400mmの超望遠域が多いのは、直前に借りたED12-200mmF3.5-6.3を楽しんだから。
EOS Rで35mmが多いのは、1本だけ持って行った単焦点 RF35mm F1.8が楽しいから、ですね。ただ、やはり自分は広角側が多いんだなあと改めて思います。
表からは除外しているタイムラプス用写真はみな24ミリ以下の焦点距離ですし。

という訳で、撮った写真から何枚か、ただ、ずっと雨で、特に豊島では豪雨で、かなりしんどい思いをしました。
カメラが防塵防滴で良かった(そこ?)
また、晴れた日に捲土重来を期したいと思います。

小豆島_豊島_005

小豆島_豊島_006

小豆島_豊島_007

小豆島_豊島_008

小豆島_豊島_009

小豆島_豊島_010

小豆島_豊島_011

小豆島_豊島_012

小豆島_豊島_013

小豆島_豊島_014

小豆島_豊島_015

小豆島_豊島_016

小豆島_豊島_017

小豆島_豊島_018

小豆島_豊島_019

小豆島_豊島_020

小豆島_豊島_021

小豆島_豊島_022

小豆島_豊島_023

小豆島_豊島_024

小豆島_豊島_025

小豆島_豊島_026

–Ads–

Comments (2)
  1. くるみ より:

    奈良に住んでいますが、出身は豊島の唐櫃です。
    実家から表に出ると遠くに岡山が見えます。目の前にフェリー乗り場があり左に向くと海苔の工場が見えます。4枚目の写真がその眺めです。
    しばらく帰省していないので懐かしく見させて頂きました。
    旅行されて豊島は好きになって頂けましたか?
    波の音を聞きながら育った者が、海のない奈良に嫁ぎました。奈良も良いところですが、やはり海が恋しいです。
    また是非行って下さいね。

  2. SAIKA より:

    くるみさん
    はい、ずっと雨だったけれど、とても楽しみました。
    また、再訪します。
    その時はここにまたアップしますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください