映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

MAZDA3のデザインと質感:2020ワールドカーデザインオブザイヤー受賞

『マツダ3』(Mazda3)が「2020ワールドカーデザインオブザイヤー」を受賞した (Response)
MAZDA3、ラインの美しさとか、質感の出し方とか、内装の品とか、ホントにイイと思う。写真はSUBARU レヴォーグ プロトタイプを見に 東京モーターショー2019に行った時に撮ったものを今さら出してみる。

MAZDA3_01

深みのある塗装もすごく好き(盛大な映り込みするけれど)

MAZDA3_02

そういうルック・アンド・フィールは本当に素晴らしくて、(試乗してないから)分からないけれど、走りの評価も高い。きっと嘘じゃ無いと思う。

MAZDA3_03

MAZDA3_04

でも、販売台数、売上とも落として、株価も1年前と較べると・・・
辛いよね・・・

MAZDA3_05

MAZDA3_06

MAZDA3_07

MAZDA3_08

売れなくてもイイものはイイ。って評価の仕方もあるけれど、マスプロダクツは売れて初めて「支持を得た証明」になるんだとも思う。
褒めるけれど買わない、ひとに褒められても仕方ない部分があってさ。

そう言う意味ではワタシが褒めても無責任ではあるんだけど。そう、カッコイイけどワタシにMAZDA3が似合うかと言うと似合わないと思うんですよね。

MAZDA3_09

MAZDA3_10

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください