映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

オンライン会議とネックスピーカーと:KENWOOD CAX-NS1GT

家で出来る仕事もあれば、家では出来ない仕事もある。とはいえ、この状況下でやれることはやっていかないと、なので、都内の自宅から飯能の大学演習室で物理作業中のT助手をリモートコントロール、もとい、リモートワークでミーティング。

Google Meet_01

あわせて複数のミーティングやゼミを想定してiPhoneも入れて見る(Google Meet)。この半月のトラフィック増大ですっかり遅くなったうちの(近所の?)ネットワーク事情を別にしたら問題はなさそう。
ただ、書斎のMac ProにはカメラもマイクもないのでMacBook Proをホストに立てたけれど、どうせならMac Proでいきたいところ。

iPhoneのカメラをUSBカメラとして使えればいいのだけど、調べた範囲ではトリッキーな方法になっちゃうみたいで、業務用で安定性を最優先にするメインマシンにはちょっと微妙。

Google Meet_02

ので、iPhoneをビデオのみの参加者として参加させ、マイクはオフにして使用。ちょうど先日、レビュー用に頂いた大容量バッテリーが撮影スタンドにイイ感じ。
インカメラ使っちゃったけど、これは逆に置けば良かったですね。

ネックスピーカー KENWOOD_01

マイクとスピーカーはMacBook Proのものだと周囲の雑音を拾うのと、ヘッドホンやイヤホンを付けっぱなしなのが苦手なので、首掛け型のネックスピーカーをハンドセット代わりに使ってみた。

ネックスピーカー KENWOOD_03

KENWOOD CAX-NS1GT
ケンウッドのオーディオサイトには製品ページが無くて、アレ?と思ったら、カーナビやドラレコと同じカー用品のカテゴリーになっていて、
道交法改正で運転中の「ながらスマホ」罰則化!ケンウッドのウェアラブルスピーカーならスマートフォンワイヤレス接続が可能。ハンズフリー通話対応なので手も耳も塞ぎません。というキャッチフレーズで売られてた(笑)製品ページ。

ネックスピーカー KENWOOD_04

ネックスピーカーはSONYが出していたのは知ってたけれど、他にもBOSEやらJBLやら意外と大手が参入している世界だった。
ピュアオーディオを求めていないのであまり高価いものはパス、軽さ(88g)に惹かれてこれに。
ちなみにJVCのコレ、とシャープのコレは、デザインも仕様もほぼ同じなので、どれがオリジナルかは分からないけれどOEM兄弟だと思う。

ネックスピーカー KENWOOD_05

左肩側に電源スイッチと電話ボタン、右肩側にボリュームと曲ジャンプ用のジョグスイッチとPLAY/ポーズボタンがあり、Siriにも対応する。

ネックスピーカー KENWOOD_06

作業中のイージーリスニング用にいいんじゃないかなあ。
とはいえ、オンライン授業を5月GW明けに控える身としては、やはりWEBカメラとマイクくらいは用意すべきでしょうか。
このタイミングで新製品を投入してくるロジクールのこれとかRODEのこれは、けっこう気になります。

ネックスピーカー KENWOOD_02

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください