映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ビデオSALONでワークフロー紹介

先日発売されたビデオSALON5月号の特集は

便利なことばかりではない
AVCHDカメラやデジタル一眼カメラユーザーに告ぐ!
ファイルベース時代を生き抜く処世術

おお、大袈裟な・・と思うなかれ、これはいま、確かに頭の痛い問題なのだ。
という訳で、Final Cut Pro 前提のワークフローについて、なかの1ページほど書いています。

Img_1187

プロフェッショナルのユーザー事例の部分で(オマエがプロかっって突っ込みはさておかせてください(^_^; )、ビデオSALONでおなじみの岸本康氏、StudioDUの林和哉氏と。
それぞれ参考になるので、この部分は必見かも
次のページではバックアップソリューションとしてLTO-4が紹介されているけど、具体的製品ではアスク(リーンフェイズ)扱いのPRIME-CACHE。

いつの間にか、業界内でも知人が増えたなあ、と思う。

ちなみにコマフォト5月号の特集「レスリー・キーのすべて(特設ページ)」もいい。
コマフォト5月号ではワタシは何も書いていませんが、デジ一眼ムービーの特集もあるのでこちらもお奨め。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください