映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

2020年モノ回顧録(カメラ篇)

毎年、年末エントリーの締め、無駄遣い散財ログ、カメラ篇(アップル篇はこちら)。2020年は本当なら東京ではオリンピックが開催され、オフィシャルスポンサーのキヤノン(と永遠のライバルニコン)からフラッグシップのプロ機がリリースされる年でした。オリンピックは延期(?)されたものの、EOS-1D X Mark IIIは予定通りリリース。EOS-1D X Mark IIをIIIに買い換えてワタシの最後の一眼レフにする予定でしたが、見送ったのは・・・EOS R5を買ったから。

EOS R5 2020_01

EOS-1D X Mark IIIが王道の弩級戦艦だとすれば、EOS R5は新世代のミサイル巡洋艦。
まあ、ここでごちゃごちゃ書かなくてもEOS R5はその凄さも弱点も方々で語られているので・・・。写真はRRS(リアリーライトスタッフ)のR5用Lプレートを装着した状態。

EOS R5 2020_02

EOS R5もRRSのプレートも予約してファーストロットを買っていますが、その後、両者共に入手困難が続いていて、思い切って買って良かった。手ブレ補正の強力なEOS R5で、手持ち撮影の歩留まりにも助けられていますが、だからといって三脚ワークがなくなるわけではないので(まあ、減りましたが💦

Peak Design TRAVEL TRIPOD

そんな訳で、三脚も追加しました。Peak Design TRAVEL TRIPOD
「手ぶれ補正が一般的になり」「高感度性能が向上した」時代を前提とした設計思想で、従来の三脚フィロソフィーからみると、え〜という部分もあるのですが、自分的には旅行時はジッツオのトラベラーではなくこちらになりました。旅行じゃないときは相変わらずジッツオのマウンテニアを愛用していますが(笑)
コロナ禍で写真を撮りに「行く」機会が激減し、おうち撮影遊びが増えたので、カニ脚の(メーカーはスパイダーと呼びます)ミニ三脚も買いました。レオフォト MT-03 + MTB-19。オンライン授業でも活躍しました。

OM-D E-M1 Mark III_03

EOS R5に隠れてしまった形になっていますが、サブシステムであるマイクロフォーサーズもOM-D E-M1 Mark IIIにリプレイスしました。買い換えの絶対的な理由はあまりなく、OM-D E-M1 Mark IIの下取り価格とIIIの購入価格の差額が思ったより小さかったという消極的なものでしたが、使い勝手をはじめ、随所がブラッシュアップされた誠実なアップデートで満足しています。
オリンパスはカメラ事業を売却、明日からは違う会社の名前で事業が継承されます。けっして平坦な道ではないと思いますが、これからも自分の琴線に触れる小粋で小気味よいカメラを出してくれたらいいなあと思っています。

COOPH Field Jacket

カメラ関連としてCOOPHのカメラマン用?フィールドジャケットをいただきました。クーフ Field Jacket ORIGINAL Dark denim blue
国内ではヨドバシでしか正規購入できないジャケットです。
レンズの入るメインポケットはじめ随所に撮影に使いやすいギミックがあるのですが、そのあたりはまたいつか。

そんな機材(散財)記録で2020年のmono-logueを閉じようと思います。
仕事も遊びも真摯に、豊かに、手を抜かず。
つたないブログですが、面白がって、あるいは、あきれつつもお付き合いいただいた皆様に感謝します。ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

2020.12.31. 斎賀和彦

Kyoto

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください