映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Premiere Pro CS3

Adobe Creative Suite 3 Production Premiumのプレス説明会に行ってきた。
Ascii.jpの記事
R0010213
個人的に印象的だったのが、ビデオ系製品の発表会でありながら、プレゼンテーションがWebメディアでの配信方法のシェアの変遷から始まり、締めも映像の主戦場はもはや映画やテレビではなくネット上であるとの宣言だったりすること。
アドビの考える映像が何であるか、ひじょうに明確になったと思う。
NABで発表されたアップルのFinal Cut Studio 2が、ColorやPro Res 422など、ハイエンド指向を明確にしたのと真逆で、ひじょうに興味深い・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください