映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

MacBookアップデート

新型MacBookがリリースされた。

CPUクロックが(少し)上がり、HDD容量が(ちょっと)増え、802.11nに(正式)対応したマイナーチェンジモデル。
目新しい変化を期待していた向きには残念な、いわばアップデートといえる内容の新型だが、Macの販売台数を牽引している機種の定期的なアップデートだと思えば悪くない。
他社製品に比べ、発売後時間がたっても値下がり幅がひじょうに小さいアップル製品だけに、値下げの代わりに(価格据え置きの)スペックアップを順当に継続していくというのはよいことだろう。

Img_8629

下位モデル(今回、2Ghzの大台に乗ったが)でも、1GBのメモリ搭載になったのは評価したいが、実際、いまのMacOSってメモリ1Gで快適に動くんだろうか?
いや、使い方次第なのは当然なんだけど、ビデオ編集やPhotoshopのような画像処理はともかく、メール、Webブラウズ、iPhoto、iTuneあたりを同時に使うようなイメージで、どのくらいメモリがあると「一応、快適」なのか、知りたいところ。
人に勧めるとき、迷うんですよね・・
特にMacBookは、2スロットを埋めた形で出荷されるので、メモリ増設が割高になるので余計。

–Ads–

MacBook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください