映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

校正終了

長期間に渡って作業していたMOOK本 「Final Cut Pro 実践講座」が、今日、ようやく校了を迎えた。
まだ、編集者の方が今日の赤字を修正して入稿。印刷所からの校正紙の確認・・・は残るモノの、ワタシの手は離れました。

年明けくらいから企画は動いていたので延べ10ヶ月。
MOOKとはいえ、1冊の書籍を書くというのが、ここまで大変だとは思っていませんでした(^_^;
先月下旬くらいから、mono-logueの更新頻度が激減したのは、予定の夏休みに作業が終わらず、執筆の追い込みと、後期の大学が始まるというダブルヘッダーに襲われたからです。

Fcp_01

Final Cut Proは映像編集のデファクトスタンダードといえるところまで来たものの、解説書がカウントできるほどのマーケットはない(と思われてる)のか、このところ、Final Cut Proの書籍はあまり見ない状況でした。

そのなかで1冊まるまるFinal Cut Pro(プラス、部分的にSoundtruck Pro、Motion、DSP)の本を書く機会に恵まれたのはひじょうに幸運なことでした。

Fcp_02

まだ、公式の発売告知も出ていないので、その際には改めて書かせて頂きますが

ビデオサロン別冊  「Final Cut Pro 実践講座」 玄光社 10月29日発売

よろしくお願いいたします。

–ads–
 

コメント (2)
  1. sakaki より:

    以前、購入相談したsakakiです。
    MacPro2010mid+Aperture3+FCS3+BDドライブなど購入し
    まだ慣れないMacに悪戦苦闘しております。
    FCPは参考書が少ないのでMOOKすごく期待しております!
    最近は子供ビデオが主なのでスマイルシャッターが便利で
    SONY CX370の方が活躍している状態です。
    FCP買ったので本格的に5Dで映像撮りたいと思ってます。

  2. feflight より:

    アマゾンで予約しました。FCPは持ってるだけの状態が長く続いていますので、何とか次のステップに進みたいので、そのきっかけになればと楽しみに待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください