映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

ShuffleでFinal Cut Pro実践講座連載開始

コマーシャル・フォトがオンラインで展開しているプロフォトグラファーのためのクリエイティブ情報サイト Shuffle で、Final Cut Pro実践講座の連載が今日から(あ、日付変わってるので昨日から)始まりました

タイトルからおわかりのように、1ヶ月前、玄光社から出版された「Final Cut Pro実践講座」の抜粋版となります。
同書の第一章、第二章、部分を連載形式で公開するものです。

Shuffle_01

えー、オレ、買ったのに、って言う方もいらっしゃると思いますが、部分公開であること、やはり手元で開いて見ることの出来る書籍とは違うということで、お許しくださいませ。
個人的には
うろ覚えでもぺらぺらとめくって探せる書籍の良さと、検索性に優れ、調べたいことが明確ならスピーディな電子書籍は一長一短だと思っています。今回のShuffle連載は検索機能があるわけではないので、どちらかといえば、試し読みと、出先での確認、でしょうか。
(iPadやMacBookPro等の方はぜひブックマークを)

Shuffle_02

これでマシンの横に置いておく書籍版が売れれば、玄光社もワタシもひじょうに嬉しい話ですが、そこは未知数ですね。
個人的には売れて欲しい(笑)
いや、ワタシのギャラの問題ではなく、シェアの少ないMacの、さらに一部ユーザー対象でしかない書籍でも、ちゃんと作れば、相応に売れるという実績が残せればいいなあと思うんです。
そうでないと、Final Cut Proの本なんて出そうという出版社も編集者も居なくなってしまう。

次にFinal Cut Proがバージョンアップしたとき、改訂版を出そうよと言ってもらえるためにも、それなりに出て欲しいなあ。

ちなみに、ワタシの思いは、前書き(前口上?)に集約されています。編集は映像の映像たる部分を司る行為なのだと思っています。

–ads–

Final cut Pro実践講座 (玄光社MOOK 速読・速解シリーズ 3)

Final cut Pro実践講座 (玄光社MOOK 速読・速解シリーズ 3)

斎賀 和彦, 高田 昌裕
5,818円(06/17 07:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください