映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

シネマトグラフ 115周年 by リュミエール

115年前の今日、1895年12月28日、パリのグランカフェでリュミエール兄弟によってシネマトグラフが公開され、映画の歴史が始まった。
(厳密にはそれ以前にシネマトグラフの上映は行われているので、商業映像(ショウビジネス)としての映画という言い方が正しいのだろうが)

QuickTimeで公開されている最初のシネマトグラフ・リュミエール。(institut-lumiere.orgより)
ページタイトルが「Bienvenue sur Adobe GoLive 4」になっちゃってるのがなんとも微笑ましい(笑)

フィルムで始まった映像文化は、ビデオというメディアを経て、ファイルベースに広がった。

その始まりが115年前のパリ。
しばし思いをはせつつ、な、年末。

–ads–

シネマトグラフ覚書: 映画監督のノ-ト

シネマトグラフ覚書: 映画監督のノ-ト

ロベール・ブレッソン
3,080円(06/21 15:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください