映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

MX Revolution : インプレ-1

ロジクール MX Revolution ファーストインプレッション-1
(レビューというほど使い込んでないので)

Mx01

エルゴノミクスというか、コラーニ風というか、曲面で構成されたボディにマルチボタン。

Mx02

Final Cut Proではこんな風に割り当ててみた。
(理由と感想は以下)

Mx03

新型ホイールは、高速シャトルからジョグ動作まで瞬時に切り替えることが出来、ひじょうに快適。素晴らしい!
ビューア側、キャンバス側は、カーソルの位置で自動的に切り替わり、ウインドウのアクティブとは無関係。(これはプラスというかマイナスというか微妙、でもMSマウスも同じ挙動だったな)
タイムラインではなぜかジョグシャトルとして動作しない。

Mx04

親指の進む、戻るボタンは、IN,OUT設定にしている。
動作は硬めで、ぐっと押さないと効かない。MSマウスの柔らかさに慣れているのでちょっと戸惑う。

Mx05

親指位置のサブホイール(ロジクールはサムホイールと表記)は、

アプリケーション切換 か ズームしか割り当てられない

これは想定外で困った。ホントは編集点の移動に割り当てたかったトコロ。
仕方なくズーム設定で使用。プレビューサイズが簡単に変更できるので、これはこれで便利。(タイムラインズームも効く)

Mx06

one touch serchボタンは、サブホイールでのズームに対応させて、ウインドウに合わせる(Commamd+z)にしてみた。

まだ、慣らし運用中だが、イイ感じ。
ただし、問題もあって・・(続く)

–Ads–

【送料無料】ロジクール MX Revolution MX-R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください