映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ワタシもN904iを見てきた

クマデジタルさん同様、仕事の合間にN904iを見てきた。
冷やかしと正しく識別されたのか、動作モデルを持ってきてくれなかったので、モックのみでの印象。

・ミラノサローネで発表されたときの写真では、上品な質感重視に見えたが、モックを手に取った限りでは、そこまでの上質さは感じない。ツートン(って最近言わないっすね〜)のカラーリングは、発想はいいと思うんだが、クマデジタルさん同様、ジャスピンな(この形容も死語か)組み合わせがない。

・カメラがキー背面に移動したことでの重量バランスの適正化。ってクマデジタルさんの指摘はなるほど。ただ、レンズ部を隆起させたりしていないので、ライトを含め指で塞いじゃうんじゃないかなあ。以前、彼が指摘していたレンズの軸線とファインダー(この場合は液晶)の角度が一致しない懸念は、ワタシがF903iで実感してるとこなので使用感の低下は避けられないだろう。

・前モデル(903i)に較べ薄くなったのはいいが、待ち受け時間も減った。バッテリーが割をくったのか、高解像度なディスプレイが電力を消耗するのかは判らないが、もっと薄くて軽いN703系がより長時間駆動するんだから残念。とはいえ、今回の904系のなかではもっとも長時間もつ端末だったりする訳だが。

・それでも中身は904iの中でもっとも実用的に進化してるんじゃないかと思う。ワンセグや、まして直感ゲームなどという機能が不要で、でも機能としてはハイエンドな携帯が欲しいと思ったら、筆頭候補になる端末か。

確かに携帯電話に2万も3万も出す、ってのは微妙な気分ではある。
昔の、端末はレンタルだった体系だったらどうなっていたかなあ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください