映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Deff CLEAVEバンパーを落とすと・・

ワタシのiPhone 4はちょっと重い。
凝ったアルミニウム製のバンパーを纏っているからだ。

Deff_02

iPhoneケースの中でも(いや、バンパーだからケースじゃないけど)その造形、質感で最右翼といえるDeff社のCLEAVE ALUMINIUM BUMPER(レビュー)

Deff_01

重いし、WOW3Dはじめドックコネクタを使う多くの周辺機器は使えなくなるし、実はけっこう滑りやすいし・・・ではあるのだが、それでもこれがワタシのiPhoneだった・・

・・・のだけど、落とした・・

Deff_03

中腰になった時に、ポロシャツの胸ポケットからするりと抜けて、コンクリの地面に・・
イヤホン近くについた大きなキズ

Deff_04

だが、落ち方が良かったのか?iPhone本体はキズを免れ、CLEAVE ALUMINIUM BUMPERは立派にバンパーとしての任務を全うした。
このキズを除けば、大きな外傷もなく・・・

Deff_05

だが、カメラ近くのフレームに隙間が生じ

Deff_06

落ちて地面に当たった部分の反対側のフレームに歪みが生じた。
言わなければ分からない程度だし、実際、気にしなければいいレベルなのだけど、CLEAVE ALUMINIUM BUMPERの隙のない美意識と、この気づいてしまった歪みは両立しない・・。

Deff_07

ので、泣く泣くCLEAVE ALUMINIUM BUMPERを外し、その前に使っていた革張りのケースに変える。
これはこれで好きなのであり。
CLEAVE ALUMINIUM BUMPERを買い直す選択肢もある(いまは、リミテッドモデルなんてありんだな)のだけど、それはiPhone 5(4S?)が同一デザインだった場合・・・。
–ads–

Deff CLEAVE ALUMINIUM BUMPER @ amazon

コメント (1)
  1. jota より:

    ぅぁぁ…(/ _ ; )
    復活を祈ってます…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください