映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Final Cut Pro Xでタイムラプス

Apple User Group Meeting in MIYAZAKI 2011でのプレゼン動画、再録シリーズ。

前回で、ライトにiPhone 4Sで作るタイムラプスを紹介したし、光線状態によっては厳しいものの、iPhone 4Sのタイムラプスも想像以上に「見ることの出来る」ものだと思う。

Timelapse_1

んじゃあ、重量級のEOS 5D Mark IIの出る幕がないのかと言えばとんでもない。
iPhoneとは違うのだよiPhoneとは、と言ったかどうかはともかく、EOS 5D Mark IIを使って同じシチュエーションでタイムラプス撮影。

2011年前半は、ワタシのタイムラプスはPhotoshop+Motionベース
これもいいのだけど、今回はFinal Cut Pro Xでやってみる。

Aperture経由でFinal Cut Pro Xにインポート。RAW現像不要ならAperture介さなくてもいいのだが、FCP XはApertureもしくはiPhotoのライブラリに直接アクセスできるので、一度、Apertureに読み込んでおく方がなにかと楽。

このライブラリアクセスとインポートは相応に重いが、タイムラインに並べてしまえばあとは楽なもの。
モーション設定で疑似カメラワークをつけてあげればOK。

Timelapse_2

EOS 5D Mark IIというか、やっぱDSLRは違うぜ、と思ってしまう描写をみよ(笑)
特に、太陽の光がビルに差し込むときの感じに注目してくれると嬉しい。

音楽は、例によって末松 孝久さん。
ワタシの作品作りに欠かせない方です。

–ads–
Aperture – Apple

Final Cut Pro – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください