映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

デジタルワークフローセミナー by マウントキュー

ここ2年ほど、濃いお付き合いをさせてもらっている映像関係者のひとりが、ヤマキュー(山本久之)さん。
ヤマキューさんに初めてお会いしたのはこの時だったけれど、ぐっと親しくなったのはこの時かな。
高野(光太郎)さん(ブログが一昨年で止まってるw)、白組の鈴木(勝)さん、今に至る貴重な人脈はあのころから急速に濃度を増したように思う。

Img_0516

             写真はInterBEE2010でのyamaqさん。若き日のピカード艦長ではありません。

そんなヤマキューさんが昨年末、マウントキュー株式会社を興され、映像業界に小さいけれど無視できない会社がひとつ加わった。
そのマウントキューが、今週末、デジタルワークフローセミナーを開く。

Macベースの映像制作システム構築ノウハウ
DaVinci Resolve Lite

WEB業界に較べ、映像業界は勉強会や有償セミナーが少ないと感じていたが、昨年、立ち上がった映像:技術交流会はじめ、技術向上、研鑽を目的とした横の繋がりが広がりつつある気がするこの頃、この有償セミナーがどう受け入れられるか、強い関心を持って見守りたい(いや、偉そうな言い方で済みません)

今日のyamaq blogをみると、2月からDIT SCHOOLという本格的な講座も始められるよう。
興味のある方は、今回のデジタルワークセミナーをまず受講というのが正しい。。のかな

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください