映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Apertureがアップデートしたけれど

Retina MacBook Proの登場にあわせるようにアップデートしたAperture 3.3。
まあ、まだMacBook Pro with Rは届かないので(出荷案内もこない・・・)、急ぐ必要もないんだけどアップデート。

Aperture_0

早晩、PhotoshopやLightroomもRetina対応になるとおもうけれど、それまではApertureとFinal Cut Pro Xが(ワタシにとっての)Retinaの意味。

Aperture_1

そうそう、今回からApertureとiPhotoは相互にライブラリを開けるようになったんだよね。
どれどれ(©とくみつさん)

Aperture_2

あれ?英語・・・・

Aperture_3

もちろん、言語欄を日本語に切り替えればいいんだけどさ・・ちょっとなあ。(うちだけ?)

Aperture_4

だが、日本語表示にすると、図版がない・・・
赤枠内がオリジナル英語表示の図版
手が回らないのか、ミスなのか、もちょっとがんばって〜

Aperture_6

ところで、iPhone等への写真同期が、ApertureライブラリとiPhotoライブラリの排他選択なのは相変わらず。
うーん、同じく今回のバージョンから加わったライブラリの統合を行えばいいんだろうけど、ApertureとiPhotoでは用途も管理してる写真もまるで違うから別運用したいんだよねえ・・。
なんでそれぞれのライブラリから同時に選べないのだろう・・・?

–ads–

Aperture – Apple

コメント (1)
  1. 荒木則行 より:

    う、うーむ、
    たしかにApertureの日本対応、頑張って欲しいですよね。
    良いソフトであるし、また、プロユースのソフトであればこそ!!!
    期待しつつ希望を消さぬように!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください