映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EF40mm F2.8 STMの周辺光量

EF40mm F28 & EOS 5D3_04

先日、40mmで撮ってみた、として、EF40mm F2.8 STMの写真を何枚かあげたところ、旬の話題だったのか、紗々さん写真効果か(たぶん後者w)反応が多かったので続き。

そのなかで、周辺光量落ちはどうなの?と何人かから訊かれたので、試してみた。

Ef40mm

大きい写真をFlickrにあげているので、必要な方はこちらをご覧下さい。

それなりに周辺光量低下があって、F4まで絞ると気にならなくなる感じ。

ただ、個人的に言えば、周辺光量の低下は結構好きだったりする。(助手のT君ほどではない。彼は周辺光量落ちが好物だ)
まあ、被写体や狙いによるけどね。

Voigtlander (フォクトレンダー)ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

Voigtlander (フォクトレンダー)ULTRON 40mm F2 SL Aspherical
ApertureでRAW現像時にビネットを付けてみた。

あらためてウルトロンの描写好きだなあと思うモノの、AFが効かない(フォーカスエイドは効く)レンズはワタシの腕では歩留まりが悪すぎて、ダメ写真量産レンズになってしまう。
1日歩いて数枚のOK写真に自己満足する楽しみ方もあるとは思うが、ワタシのスタイルではないので・・・。
そういう訳でウルトロンの40mmは、ワタシよりもっとあのレンズを活かせるフォトグラファーのもとに旅だっていった。そのうち、写真に使われたとき、秘かににやりとしたいと思う。

5d3_4429

前回に味をしめたわけではないが(笑)、今回も紗々さんショットをオマケに。
(EF40mm F2.8 STM : F4 1/80)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください