映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS-1D C の重さ

小ネタです。
出荷が開始されたEOS-1D Cですが、なんと、発売開始3日後のいま(2012年12月29日)現在も、キヤノン公式サイトの仕様欄には「質量 未定」と書かれている(笑)
おいおい・・・。キヤノンは年末休みに入ったはずなので、このままだと正月の間、EOS-1D Cは質量未定のカメラになる。

EOS-1D C_18

ちなみに、製品同梱のEOS-1D C使用説明書(EOS-1D Xとの差分マニュアル)には、約1545g (CIPAガイドライン)1355g(本体のみ)と書かれている。
EOS-1D Xの公式仕様は1530g (CIPAガイドライン)1340g(本体のみ)なので、赤いCバッジが15gもある場合を除き(笑)内部にいろいろ手が加わっていることが想像できる。

EOS-1D C_22

ちなみに実測してみたら1548g(CIPAガイドラインに準じて、バッテリーとメモリーカード搭載時)
ほぼ、ぴったり・・なのだけど、これ、CFカードを1枚入れた状態なんだよね。

EOS-1D C_21

2枚入れると実測で1557g。

CIPAガイドラインって、記録媒体はスロットが2つあっても1つだけ入れればいいのか・・。

–ads–
あ、公式質量との3gの差は、液晶保護フィルムを貼ったから?(笑)

コメント (2)
  1. 元コーナンboy より:

    ボディキャップが16gありますね。
    でもCF2枚刺しでキャップ外しだと、4g足りませんね。
    ムムム…

  2. SAIKA より:

    なんと!(笑)
    ボディキャップを外したまま、ハカリに載せる勇気はないです〜(笑)
    まあ、重いカメラって言う部分には変わりないです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください