映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R3 は LP-E19 そしてメニューボタンは

EOS R3開発発表の情報が追加され、ベールが少し捲られた。EOS R5の時もそうだったけれど、キヤノンはXXXXXティーズのように見せていくのが好きらしい。
以下、海外等の噂情報は勘案せず、公式公開情報のみで考察。

バッテリーはEOS-1D X Mark IIIと同じLP-E19を使うのが明らかになった。ということはバッテリーがああいう形で入るので、EOS R3は底面にビデオボスを持たないことが確定したと思う。残念。
4K Canon Log3、4K オーバーサンプリングと大きく書かれているけど、Log3はもうEOS R5にも載ってるし、EOS-1D X Mark IIIも4Kは5.5Kからのオーバーサンプリングだった。動画に関しては(機能としては)EOS R5を凌ぐことは無さそうな印象(画質は未知。なんといってもキヤノン初のフルサイズ裏面照射積層センサーですもんねえ)。その意味ではEOS R3はやっぱりスチルのスピードモンスターか。
シューが電源供給、データ通信機能を持つ新型になるらしい。ソニーとは違って独自シュー形状にしてくる可能性は低いと思うけど、これでケーブルレスのマイクも出てきそうかな。
左肩のボタンが、3つなのか、2つなのか、写真では判断しにくい。EOS-1D X Mark IIIは3つだけど、サブ電子ダイヤルが2つあるEOS R3はボタン2つでも成立しそうだし。*追記 海外キヤノンの公式動画みると、左肩ボタンは2つでしたね

想像通り、スマートコントローラー搭載。あれ、気持ちいいんですよね・・。視線入力とのコンビネーションは最高だと思う。
そしてメニューボタンはやはり内側に・・・。これ、EOS R5のボタン配置が明らかになったときに書いたのだけど、一眼レフ時代のEOSはEOS 5D Mark IVもEOS-1D X Mark IIIも、メニューボタンが外側だったのに、EOS R5で内側に移動したのですよね。最初のうち、なかなか慣れずにいました。で、今回EOS R3もそれを踏襲したので、来るべき(?)EOS R-1も同様になるのだと思います。そういえば、背面電子ダイヤルとQボタンの位置関係などは、EOS R5に近いですよね、R3。
楽しみですが、ワタシはEOS R5がお似合いのはず・・・。

–Ads–

Canon バッテリーパック LP-E19

Canon バッテリーパック LP-E19

19,242円(06/24 07:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください