映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS-1D C対応Adobe Camera Raw正式リリース

既に1ヶ月前のCamera Raw 7.4 Release Candidateで、PhotoshopはRCながらEOS-1D CのRAW現像に対応していたが、今日(だよね?)RCのつかない正式版のAdobe Camera Raw 7.4がリリース。とりあえず、MacBook Pro Retinaにインストール。

Adebe_canera_raw_7_4

これで、EOS-1D Cだけ別フローを組まなくていいのは喜ばしいこと。

ただし、Camera Rawはピクチャースタイルを読まないので、Bridgeのサムネイルに反映されない点 そして 現像時もそこは自分でやらないと、D.P.P.のストレート現像とはずいぶん異なるのは注意が必要。

中途半端なRAW現像は、EOSのカメラ内JPEGに遠く及ばないのはよく言われる通り。
RAWだから高画質、なんじゃなくて、カメラの画作りを、自分の意図にあわせて追い込んでいくときに自由度が高いのがRAWだと思ってかからないと、逆効果。
自戒を込めて、心しよう。

C1A_0648

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください