映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

AdobeがEOS-1D CのRAWに対応(RC)

アドビのCamera Raw 7.4 Release CandidateがAdobe Labで公開。
RC版なので、まだ正式ではないけれど、登録すればDL、使用できる。

この7.4 RCでついに、EOS-1D CのRAWに対応。

Adobe-Bridge-CS6004

すばらしい。
今回はアップルに先行した(いや、正式公開はどっちが早いかは分からないが)
これで、この問題からとりあえず解放されるか?

とりあえずCamera Raw 7.4RCをインストール。
Adobe Bridge、Photoshop、Lightroomで、EOS-1D CのRAW現像ができることを確認。

ちなみに

ピクチャースタイルを読み込むことはないので、Bridgeのサムネイル表示にも反映されない、のは従来通り。

Adobebridgecs6003

ピクチャースタイルをモノクロにして撮影したカットは、JPEGはモノクロだが、RAWはカラー表示。

Digitalphotoprofessional001

D.P.P.(Digital Photo Professional)では、サムネイルにもピクチャースタイルが反映される。

なお、Camera Raw 7.4 Release Candidateで対応したのは、ほかに
Casio Exilim EX-ZR700
Fujifilm X100s
Fujifilm X20
Hasselblad Lunar
Leica M
Nikon 1 J3
Nikon 1 S1
Pentax MX-1

–ads–
アドビのアプリはクラウド版に集約されるようで、パッケージ版はアカデミック版のみ。
必要なら学生のうちに買っておくのがいいよ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください