映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Apple Watchの予備充電ケーブル

Lightning端子はApple専用の接続端子で、主にiPhone、iPad、その他アップル純正のマウスやキーボード充電のためだけの規格で、汎用性にはやや欠ける。ただiPhone 12 以降はMagSafe充電という充電の選択肢が増えたし、出張にLightningケーブルを忘れても、コンビニ等で買えるくらいには普及している。

これに対してApple Watchの充電方法は凹んだ専用ケーブルしか選択肢が無いし、コンビニでも売っていない(自分のみた範囲では)・・・ので、出張時にアップル・ウオッチ専用の充電ケーブルを入れ忘れると、ほぼ確実に詰む。
自分のApple Watchは丸1日は余裕で持つけれど、2日は持たないので、出張先のホテルで荷をほどいたとき、充電ケーブルがないと、その瞬間に絶望しか残らない。

でもなあ、あの丸っこいケーブル、アップル・ウオッチの充電にしか使えないし、それでいて4,000円近いので買うの躊躇うんですよね・・・。
なにが言いたいって?Apple Watchのバッテリー残量が危機で、明日は伊達メガネもとい伊達時計になるかもしれません。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください