映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

サンシェードの季節:SUBARU XV

梅雨が明けると同時に灼熱のような暑さがやって来ました。エアコン全開で燃費は落ちるし、いや、そもそもクルマに乗り込んだ瞬間のサウナのような熱気。ハンドルも熱くて触れません。サンシェードの季節が到来です。
うちのサンシェードは、去年買った、Leovola(レヴォルヴァ)のプレミアムサンシェード

1年使ってみて、まあ、最初のレビューとあまり心証は変わっていません。少し張りというかテンションが弱くなったような気もしますが、1年前の話なので気のせいかもしれません。
使用時は間違いなく乗車時の車内温度が違います。

そうそう、欠点?というか、これはどのサンシェードでも起こりえる感じですが、ダッシュボードに粘着テープで留められた純正ナビのGPSアンテナがサンシェードを外すときに弾かれて剥がれることが数回。
もともとこんな所にアンテナユニットを貼るなよ(パナナビの指定場所らしい)と思うのですが、変に隠して感度が低下してもイヤなので剥がれる度に付け直す、というオペレーションになっています。

にしても、首都高のプラス1,000円は辛いですねえ。いや、千円で空いた首都高を走れるなら歓迎、という声も聞こえますが、そこまで鷹揚にはなれない小市民のワタシです。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください