映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

うちのロートル機材たち 1. SCSI

訳あってモノが散乱していた部屋を片付け中。
忘れていたものが次々と発掘され、もの持ちの良さに我ながら呆れるなど。
さすがにもう取っておく意味はないので、写真に撮ってモノ自体は廃棄することに。

そんなロートル機材達を紹介。まずはMac関係から

SCSI_01

SCSIケーブル
それもフルピッチ。この頃はケーブルも高価かったよねえ。

SCSI_02

SCSIは固定用フックが規格化されているのも素晴らしい端子だったけど(端の部分)、機器側のピンがヤワなものが多く、結構外れたりしてた覚えがある。

SCSI_03

Power.Incって懐かしいなあ。

SCSI_04

黒いのは、なんとAVID純正ケーブル。
初期のロゴはこんなデザインでした。

SCSI_05

このケーブルが短くて、外付けHDDのレイアウトはスタックか真横置きかに限定されたと記憶している。
マシンは出たばかりのMacintosh IIfx。すべてのスロット(Nu Bus)を拡張カードで埋め尽くしたMacだった。
ちなみに当時、まだアビッド・ジャパンはなく、フォトロンが売っていた時代。

当時の営業マン、T氏はのちにアビッド・ジャパンの社長になり、その上司だったO部長はイマジカ・デジックスの社長になった。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください