映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

CPLフィルターを買った:KANI Premium CPL (Smooth Rotation)

フィルム時代はPLフィルターも使っていたけれど、デジタルカメラに移行してからは使ったことがなかったと思う。ので、20年ぶりくらい?に偏光フィルターを買いました。今回は円偏光(CPL)フィルター。KANI Premium CPL 77mm (Smooth Rotation)

いや、ちょうどデジカメWatchでKANIのCPLフィルター新型の記事が出ていたので。KANIのフィルターを買うのは初めてです。

記事にもあるように、枠の厚みを増して回しやすくしたタイプ。広角レンズでのケラレや光量落ちが心配ですが、手持ちのRFレンズはRF24-105mm F4が広角端だから問題ないっしょ。いずれRF14-35mm 買った時に影響出たらその時はその時。

このフィルター。店頭販売がないのでオンライン通販のみ。
パッケージも簡素で、豪華なケースが付いてこないのは◎

フィルター外周部に一切の印字がなく、正面ローレット内側に印字という珍しいタイプ。このメーカーの製品買うのは初めてなので理由は不明です。

取りあえず近所の公園で試し撮り。
写真は製品が見えるようにフードなしで撮っていますが、実際は純正フードを付けています。

フィルターなし

KANI CPL 効果最小位置

KANI CPL 効果最大位置

比較
効果をMAXに持って行くと、少しわざとらしく感じてしまうワタシです。

もっと安価なCPLフィルターもあるし、この倍以上する高級なCPLフィルターもありますが、今回は中庸を取りました。

ガラス面もさることながら、金属表面の反射もだいぶ描写が変わって面白い。個人的に、こっちの試行錯誤の方が面白いかも知れません。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください