映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

SanDiskから256GBのCFが出てた

EOS-1D Cのテストに合わせて、128GBのCFカードを導入したのが去年の11月
そのときも書いたけれど、スチル主体で撮るならCFは16GBか32GBもあれば充分で、そのくらいのカードを複数枚持つ方がエラー時のリスク分散の意味でもコストの意味でも有利と思うけれど、4Kムービーとなると別。

1

当時、EOS-1D Cの4K動画のCFとしてキヤノンの指定スペックを満たすのはサンディスクの128GBかレキサーの64もしくは128しかなかった。

ので清水の舞台から飛び降りるつもりで(大袈裟)買ったSanDiskのExtreme Pro 128GB/100MB/S だったけれど、いつの間にかUSではより高速な128GBと256GBが登場していたのを、知人のFacebookで知る。
えっと、いつの間に160 MB/s・・・・

4Kムービーには朗報だけど、見たらB&Hでも1枚(256GB/160MB/s)999ドルって・・
なんというか、うひょーである。

–ads–

コメント (1)
  1. falcon より:

    初めて買ったCFといえば、10数年前の64MB(爆笑)
    確か、3諭吉だった….
    当時のカメラはコダックのパンフォーカスの100万画素
    (トホヒメ)

falcon にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください