映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

大人の科学:USB特撮カメラが楽しい

ブログではガンダムとかスタ-トレックとかなワタシですが、やはり原点はウルトラマンやサンダーバードに代表される「特撮」

Usb_1

特撮と言えばミニチュアワーク。
リアプロジェクションでバック合成してカメラはアオリで・・

Usb_2

そう、こんな感じ(笑)
こんな遊びが簡単にできるUSB特撮カメラが付録に付いた 学研 大人の科学マガジン USB特撮カメラを買ってきた。(昨日発売)

Usb_3

付録がUSBカメラってのもスゴイし、Mac対応というのも嬉しいじゃん。
カメラは組み立てで作るけど、まあ、5分もあればできる。

Usb_4

基盤はSDカードくらいのサイズ。
一緒のフィギュアが今回の作例モデル。

Usb_5

組み立てたカメラはCFカードサイズ。
手持ち用ハンドル付きで、その先には三脚穴も空いている(素晴らしい)

Usb_6

レンズは画角55度。最短撮影距離なんと0.1mm
ただし、ピント合わせは意外と難しかった。

Usb_7

特撮のお約束?にのっとり、iMacの液晶画面でQuickTimeムービーを走らせ、リアプロジェクション背景とし、手近なモバイルHDDで画面位置を雪洲する。
QTムービーを再生しつつ、別のQTでUSB特撮カメラからムービー収録
考えてみればこれは別のMacからやったほうが負荷が少なくて良かったかも。
予想したことだがCMOS歪みが大きく、動画手持ちはけっこう厳しい感じ。テーブル三脚使った方がいいかも

でも、あえて手持ちで撮った見本がこちら。

USB特撮カメラ (大人の科学マガジンシリーズ)

USB特撮カメラ (大人の科学マガジンシリーズ)

10,505円(07/18 02:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください