映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

SanDisk Professional 4連カードリーダー PRO-DOCK 4

InterBEE 2021で気になった機材シリーズ2 サンディスクプロフェッショナルのカードリーダーDOCK、SanDisk Professional  PRO-DOCK 4
サンディスクとワタシがアンバサダーをやらせて頂いていたG-Technologyは、ともにWestern Digitalに吸収され、WD傘下のブランド「サンディスクプロフェッショナル」として展開していますが、InterBEE 2021では単独出展はなく、キヤノンブースの中にコーナーを展開していました。

SanDisk Professional  PRO-DOCK 4
は同社のカードリーダー(すべてユニット外形は同一)を4機格納できるベイを持ったドックで、ニーズによってSDXCやCFexpress、REDメディア等を組み合わせてインストールできるのが特徴。さらに個々のカードリーダーユニットは単独でもUSB-C接続のリーダーとしても使えるという往年のLexerにあったシステムの拡張型とも言えるもの。
なによりカッコイイ(笑)というか、存在感があります。欲しいデス(笑)。

ただ、ポスプロでもなければここまでの並列読み込みはごく偶にしか要らないよね、と思うのと、このドック自体はThunderbolt 3接続で超高速ですが、インストールされるユニットはUSB-C(3.1 Gen2)なので、転送速度は通常のUSB 3.1 Gen2が上限だと思えることが残念かな(4連のリーダーを並列で使えば理論上は速くなるけど、そういう読み込み方ってあまり現実的ではないですよね)

G-Technologyもそうなんだけど、せっかくブランド統合してハイエンドブランドのカタマリを演出しているのに、販路は逆に後退して、このドックにせよG-Technologyのストレージにせよ、ヨドバシや量販店、で見かけることが減っているように思えるのが残念に思います。

–Ads–

コメント (2)
  1. sansan hoihoi より:

    確かに見た目はかっこいい
    が、残念なことに私には全く必要としない・・・
    せめてSSD内蔵でもあれば・・・

    1. SAIKA より:

      ですよね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください