映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

フォーサーズの日? OM-1

今日はフォーサーズの日、らしい。
いや、自分が持っているのはフォーサーズ機じゃなく、マイクロフォーサーズ機だけどさ。

デジタル一眼レフを買った1号機は、キヤノンのD30だった(30DじゃなくてD30)発売は2000年だけど、買ったのは2001年のはず。普及価格帯のデジタル一眼、と訴求していたけれど、たしか30万位した。EFマウントだったけれど、センサーはAPS-C。当時メインはEOS-3を使っていたせいか、APS-C・・・というのに馴染めなかったけれど、フルサイズのデジタル一眼を買うのは2008年にEOS 5D Mark IIが出るまで長い待ちとなる(予算的なものと使えばAPS-Cサイズに慣れちゃったせいと)
だから、フォーサーズという小さなセンサーには興味がなかったのだけど、CP+2015でOM-D E-M5 Mark IIを触って気になって、その後、荻窪圭さんがオリンパス広報と繋いで頂いてしばらくOM-D E-M5 IIを貸して貰えることになって・・返却と同時に購入(笑)したのは自分のブログを読み返して知った。

先月発売になった最新のOM-1。すごくいい。
いや、じゃあフルサイズ要らないの?EOS R5要らないの?と言ったらそういう意味ではなく、ワタシにとって、フルサイズがあることを前提としたときに、機動性が高く、使い勝手がいい、マイクロフォーサーズが実にいいセカンドポジションを担ってくれているというか、立ち位置が嵌まってる感じ。

と、OM-1どう?と訊かれたのでフォーサーズの日に書いてみました。
OM-1の自分なりレビューは後日。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください