映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

フルサイズ専用 キヤノン D.P.P.4.0

キヤノン Digital Photo Professional 4.0 を発表

DPPことDigital Photo Professionalがようやくメジャーアップデート。
Winでは7以降の64bit OS 、MacではMac OS X 10.8 以降、10.9にも対応。

今回、対応機種が大幅に絞られ、従来のDPP 3.1.4はそのまま継続。DPP 4.0を使えるのはEOS-1D X、EOS-1D C、EOS 5D Mark III、EOS 6Dのみとなる。

新型機のみサポートって訳では無い、新しいという意味ならEOS 70Dが最新機種だが、対応機種では無い。
現状では「EOS-1D X以降のフルサイズセンサー機のみ対応」という縛りになる。

IMG_2487

これがキヤノン伝統(?)のヒエラルキー構造によるものなのか、他に深い意味があるのかは分からないけれど、少なくとも現状ではAPS-C機はサポートされない。

DPPの良さは判るけれど、正直、
・レスポンスがまったり
・ワタシの使い方ではPhotoshopなしでフィニッシュしないのでワンストップソリューションにならない
ことから、普段はPhotoshopばかりなんだけど、今回の4.0、機能紹介を見る限り、かなり良さそうで期待している。

でも、キヤノン、DPPをふたつ(3.1.4と4)に分けても、新レンズのサポート等で3系は3.1.4のまま、って訳にいかないと思うのだが、両方アップデートしていくのは負荷高いよな
どうするんだろう

-ads–

4K&デジタルシネマ映像制作 (玄光社MOOK)

4K&デジタルシネマ映像制作 (玄光社MOOK)

4,133円(07/18 22:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください