映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS M3 動画:サンディトリップ & アツシ

EOS M3は動画もいけるのは、製品のサンプルムービー、Another Diary(ディレクター南雲暁彦さん)を見れば分かるものの、もっとイージーにフルオート、手持ちで撮ったらどうよ、のサンプルを。
M3はハイブリッドCMOS AF IIIで中堅EOS(EOS 70D、EOS 7D Mark II)のDual Pixel COMS AFではない。その辺の差が出るか出ないかも気になっていた。

EOS M3_01

なお、撮影に使ったEOS M3は試作機であり、量産機ではチューニング等が異なる可能性があります。

17883-282-295461

先日のMacintosh 30 Years Meetingでの、サンディトリップ(SandyTrip)ミニライブから。
最初(現場では2曲目)は、サンディトリップとアツシのスペシャルユニットによる「風音」

2曲目(現場ではラスト)はサンディトリップの代表曲のひとつ、フォトグラフ
2曲とも、手持ち。ムービーモードでのフルオート。

・2曲目でときどきフォーカスが合っていないのは、ハイブリッドCMOS AF IIIのせいではなく、撮影中に間違えて指の腹でMFボタンを触ってAFをMFに切り替えてしまっているから。
(これ、ロックできないのかな<現在の貸出機は試作機であるためか、取扱説明書が附属しない)

EOS M3_03

EOS MおよびM2ではAF/MFはメニュー切換だった。これがボタンになったのは大きな進化だけど、こういうトラップにもなるのが痛し痒し(まあ、慣れたら触らないかな)

・両方とも、ときどき音がくぐもったようなオフマイクになる部分がある。これはどうやらズームをまわしているときに、指がマイク孔を覆ってしまったからみたい。
(会場のPAかもしれないけど、ここまで不安定だった覚えもないんだよね・・・)

EOS M3_02

M3のステレオマイクはこの位置。(EOS M2もそう)

EOS M_01

初代Mはここ

EOS M_02

上面左肩にふたつ並んでいた。まあ、この位置はどうよ、と思っていたので前面は正しいのだけど・・・。
フロントにマイクがある割には、周辺の音をまんべんなく拾ってるなあ、って印象。
もうちょっと志向性あってもいいかも。
同じ状況でDANBOさんが撮った動画がこちら

オマケ
サンディトリップのあゆみさんが、その夜のカラオケで熱唱するアニソン(まどマギ主題歌)

こちらはiPhone 6 Plus。
だって、上記の写真と動画撮ったら、M3のバッテリー、完全に使い切ってしまったんだもん

17883-282-295461

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください