映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Canon XC10の持った感じ

一眼動画を牽引したキヤノンEOSだが、この春に発売されたEOS4機種(いや、2機種はまだ発売前だ)は動画と言うよりスチルにこだわった仕様でEOSムービー派にはちょっと残念な感じだった。
・・と思ったら、突然投入された4Kビデオカメラ、XC10。型番のXからわかるように業務用ハンドヘルドカメラの系譜に属するビデオカメラだ。

canon_XC10_01

先日のAfterNABのキヤノンブースで可動モデルが展示されていたので触ってきた。
(撮影データの持ち帰りはできなかった)ので、外観のみレポート。

(ハンドヘルドの)Xシリーズとも、(一眼レフ型の)EOSとも、(シネカメラ型の)EOS Cとも異なるデザインライン。敢えて言えば中判デジタルを思わせる筐体。

canon_XC10_02

液晶はチルト液晶、3inchでアスペクトレシオはスチル仕様の3:2
EOSに較べ、サイズもドット数も同じようなものだけど、視認性は良い。この辺はチルトすることの恩恵か。

canon_XC10_03

左肩のストラップ金具は通常のEOSに近い場所にあるが

canon_XC10_04

右肩はグリップ(回転します)の関係か内側の軍艦部に。これ、実際にストラップつけたらバランス悪いのと邪魔なのとセットになっちゃうのでは・・・?

canon_XC10_05

グリップはEOS系とC100あたりの折衷案のようなデザイン。
スチルも強いらしいのでいいかも。とは言ってもスチルもRAWで撮れるわけではなくJPEGオンリー。この辺は、遠慮無くEOSになって欲しいところ。

canon_XC10_06

記録メディアはCFast(4K専用???)とSDXC(4K以外)。
CFはいろんな意味で限界が見えてきているのでCFastへの移行が現実解なんだけど、高価いよなあ。現段階では。ここら辺はニワトリとたまごのような関係でなかなか難しい。

canon_XC10_07

左手側に排気ベント。EOS Cもそうだけど、大判センサーの動画機は放熱が課題。

canon_XC10_08

アサイン可能なボタンが複数あるのもC譲り。
使う機会があればレビューしてみたいものだ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください