映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

SONY ハンディカム 新型?FDR-AX45A

ソニー、4年半ぶりのハンディカム。液晶が広視野角に(AV Watch)
キヤノンは撤退し、パナソニックとSONYがラインアップを(一応)維持するパーソナルビデオカメラ。ソニーも長く新機種を出さず、フェードアウト?と思っていたら、新型発表。FDR-AX45A

ただ、型番からも分かるように新型とは言っても2018年型FDR-AX45のマイナーチェンジモデルで、AX45とAX45Aの違いは液晶モニターだけらしい。(写真は大学演習室にあるAX45)

液晶モニターは解像度が倍増し、視野角も拡がったのは◎だけど、レンズもセンサーも画像エンシンも4年半前とまったく同じというのは、いくらハンディカムクラスのカムコーダーが枯れた存在とは言ってもやる気なさ過ぎでは・・・。

子供の運動会とか発表会とか、まだビデオカメラにアドバンテージがあるシチュエーションはあると思うんだけど、もうパパママはミラーレスカメラかスマートフォンか、なんだろうなあ・・。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください