映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

SONY ハンディカム 新型?FDR-AX45A

ソニー、4年半ぶりのハンディカム。液晶が広視野角に(AV Watch)
キヤノンは撤退し、パナソニックとSONYがラインアップを(一応)維持するパーソナルビデオカメラ。ソニーも長く新機種を出さず、フェードアウト?と思っていたら、新型発表。FDR-AX45A

ただ、型番からも分かるように新型とは言っても2018年型FDR-AX45のマイナーチェンジモデルで、AX45とAX45Aの違いは液晶モニターだけらしい。(写真は大学演習室にあるAX45)

液晶モニターは解像度が倍増し、視野角も拡がったのは◎だけど、レンズもセンサーも画像エンシンも4年半前とまったく同じというのは、いくらハンディカムクラスのカムコーダーが枯れた存在とは言ってもやる気なさ過ぎでは・・・。

子供の運動会とか発表会とか、まだビデオカメラにアドバンテージがあるシチュエーションはあると思うんだけど、もうパパママはミラーレスカメラかスマートフォンか、なんだろうなあ・・。

–Ads–

コメント (5)
  1. warabe より:

    いつも大変興味深く拝見させて頂いています。

    一眼レフから始まったスチルカメラの動画ブームですが、
    いろいろと調べてみると結局ビデオカメラが動画を撮影するという点において、
    まだまだ勝れていると感じています。

    こちらのサイトのgx10やxf400の記事を参考にして、
    昨年xf400を中古ですが購入しました。
    結果大満足です。
    確かに一眼動画は画質は素晴らしいですが、
    xf400もマニュアルで撮影すれば十分な画質としっかりと記録するという結果を
    もたらしてくれています。
    記事が大変参考になりました。本当にありがとうございます。

    ぜひハンディカムの進化、特にハイアマチュアクラスのハンディカムの進化を
    各社にお願いしたいです。
    撤退が相次ぐ昨今に今更感は否めませんが。

  2. より:

    ハードの進化は欲しいものですが、ここら辺で十分と言うことなんですかね。

    You Tubeだと動きのある人、はじめしゃちょーさんとかはビデオカメラを利用なさってますし、手ブレ補正を使うか次第なのかなと感じました。

  3. アナエ より:

    教えてくれてありがとう❗

  4. 小林克好 より:

    自分も4K動画撮影の機材が欲しいのですが、一眼ミラーレスは高くて買えないし、スマホでは望遠で撮れない。ハンディカムがコストパフォーマンスに優れていて一番欲しいのですが、もうちょい改良してくれないだろうか?
    子供の行事を撮るにはコンパクトで高倍率望遠のハンディカムが一番使いやすいのですよ!

    1. SAIKA より:

      すごくよく分かります。子供の行事にはハンディカム的なビデオカメラがベストだと思います。
      思いますが、マーケットは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください