映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

キヤノン 民生用ビデオカメラ iVIS 撤退してた

ちょっと用事があって探していたら、昨年の暮れに、ひっそりとキヤノンの民生ビデオカメラ iVISが終了していた

ああ、まあ、そうだよねえ。
キヤノンの民生用デジタルビデオカメラは昔、使っていたこともあって気になっていたのだけど、
2016年に店頭販売から撤退して、キヤノンオンラインショップのみで直販になって
そんな中でも2017年には気合いの入った4Kハンドヘルドを出して踏みとどまっていたけれど
2019年末で終了したんですね。
オンラインショップでは業務用機が直販されています。

Canon_iVIS HF S21

一眼やスマホで動画が撮れる時代だけど、ビデオカメラのアドバンテージはちゃんとある、あるんだけど、キヤノンの事業部を成立させるだけのボリュームはなかったということか。残るはソニー、パナソニック、JVC。

そんな今日、キヤノンが2020年1Qの決算発表
カメラ事業は前年同期比売上30%減、インクジェット等含むイメージング全体での営業利益は80%減・・・。
さらにキヤノンの見通しでは
・2Qは、1Qを超える大きな落ち込み
・新型コロナウイルス収束は見通せず、業績予想は困難
だって。
最後の希望はEOS R5らしい??(ヤマトみたいな展開か)

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください