映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ビデオSALON 8月号はLogと階調表現特集

ビデオSALONの見本誌が届く(7/20発売)
ビデオSALONの歴史は長い、その長い歴史のなかで、時代時代にあわせて様々な変化を遂げてきたと思うけれど、最新号は 特集:階調表現をマスターする。 そしてその中心が「Log」
うわ〜、数年前までLogなんて言葉知ってるのはごく一部の業界関係者だけだと思っていた。

Videosalon_01

ただし、表紙はオリンパスのSTYLUS TG-Tracker
えっと、これ、フィールドログカメラだけど、そのログじゃない(笑)。Logに掛けたのか、偶然かは不明。
ちなみにこのブログはモノローグだけど、そのログではありません。いや、補正必須、という意味では近いのかも知れませんが。

Videosalon_02

正直、普通のユーザーがガンマカーブやダイナミックレンジを使いこなして、というのは無理がある、というかそれ以外に先に注意すべき部分が多いようにも思うけれど、たしかにコンシューマー(もターゲットにした)カメラにLogやWIDE DRガンマが搭載されだしたのは事実だし、あるからには使おう、というのは正しい(と思う)。

Videosalon_03

ダイナミックレンジとストップ数とか、基礎知識解説も適切で、「テキトー」「いい塩梅」「結果良ければOK」なヒト(ワタシか!)なひとは、よく読んでおくのが吉。経験値はなにより有効で論より証拠(理論より結果)なのは認めるところだけど、知ったかぶりは恥ずかしい。
(結構多いですよね、どの世界でも)

Videosalon_04

Log撮影モードをもつカメラも(その特徴含めて)掲載。
そう、ワタシのカメラではEOS-1D CがLog持っていたんだけど、買い換えたEOS-1D X Mark IIはスチル機なので(?)Log撮影は未対応。
それ以外のすべてでEOS-1D Cを超えるのだけどなあ。

Videosalon_05

ちなみにFinal Cut Pro XでもベーシックなLUTはあてられます。

Videosalon_06

階調特集以外にもLEDライト特集も
あー、マンフロットのLykosはiPadから色温度をコントロールできるんだよねえ。
同社のMDD(Manfrotto Digital Director)を持っているので、これ買い足すと楽しそうなんだよなあ。

Videosalon_07

その他にも、マリモレコーズの江夏由洋氏によるDJI Osmoの実制作レビュー等、まさに、「いまの時代」な読み物が多かったように思う。

Videosalon_08

次号は映像データ管理術、らしい。
先日、あやうくデータを飛ばしかけたワタシには他人事ではないので、ビデオSALONがどう書いてくるのか、興味津々。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください