映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

写真展 空蝉 ジェットダイスケ氏 in EIZOガレリア銀座

久しぶりに公務のない土曜日。展覧会のはしご。
兎村彩野 さん X 国分 真央さんの INNOCENT WALTZ (については改めて書きたい)のあと、EIZOガレリア銀座のジェットダイスケ氏写真展「空蝉」へ。

_01

中学生の将来なりたい職業ランキングの3位になったYouTuber。日本のYouTuberの先駆のようなジェットダイスケ氏だけど、彼と他のYouTuberの違い、彼の真に凄いところは、彼はYouTuberを目指していないというところにあると思っている。
(あ。勝手な想像です。彼の真意は分かりません)

_02

大判プリントと4Kディスプレイによるセミ写真。脱皮中だけにセミヌードな写真集。
(駄洒落てんじゃねえ、と言われそうですが、4Kディスプレイで流れていたメイキングムービーのタイトルが、空蝉 セミドキュメンタリー だったのをワタシは知っています。

そして本格的なギャラリーではないEIZOガレリア銀座の照明環境下では、蛍光灯の映り込みを避けきれないプリントより、自発光(透過光)媒体である4Kディスプレイの方が写真を見せるのに優れているということを改めて見せつけた写真展でもありました。

ジェット氏の次の一手が楽しみです。
そして、それはジェットダイスケの名前でなくていいと思っています

空蝉 ミニフォトブック 期間限定販売

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください