映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iOSの写真フォーマットとポートレートモード

iOS 11ではカメラ撮影時の記録フォーマットが、静止画はHEIFに動画はHEVCに変更され、互換性に課題あるので設定からJPEG/H.264に戻す方法をMacお宝鑑定団ブログが掲載、さらにGoogleはじめ、続々とHEIF、HEVCに対応が始まっているようですが、逆にHEIF、HEVCをそのままMac等に持ち込むのってどうすればいいんでしょうか?(追記後述)

Adobe_bridge_cc_2017001

アップル純正のイメージキャプチャや、AirDropでMacに読み込むと、そのプロセス中に画像はHEIFでなくJPEGに変換されるようです。
普通に使う分には気にしなくて大丈夫かもと思います。
逆にいろいろ検証してみたいのですが、生HEIFってどうすればいいんだろう・・。
追記:写真設定にありました

DANBO

ちなみに、ようやくβがとれたiOS デュアルカメラのポートレートモード
以前より処理が自然に感じられる一方で

iOS11_Portrate mode

細いエリア等の処理ミスは相変わらずでした(笑)
写真:インスパイア from クマデジタル

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください