映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

猫のパジャマ

レイ・ブラッドベリの新刊は、気の利いたタイトルの短編集だった。

_mg_4189

猫のパジャマって?と思ったら、すばらしい人、ものを表す俗語だそうだ。
巻頭にブラッドベリが書く
「つねに、そして永遠に猫のパジャマである マギーに」
ううむ、こういうセリフ、言ってみたいものです。

_mg_4192

この本、カバーを外すと、猫耳がついている(笑)
すごいなあ、日本仕様なのか、原著がこうなのか?

ちなみに内容はというと

夜の高速道路で仔猫を拾った男女の出逢いを描く珠玉の表題作をはじめ、温かく切ないスケッチからSFまでブラッドベリのすべてが詰まった全21篇。
(河出書房の案内より)

–Ads–

猫のパジャマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください