映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

TOYOTA AURIS TUMI Version

先日書いた TUMI x TOYOTA のコラボレーション限定車 が正式発表され、スペシャルサイトも公開されている。
TUMI(J)のサイトにも特別ページが出来ていた(もちろん日本のみ)。

Tumi_x_toyota_01

なんだ、この派手なシートカバーは?と思ったら、付属のオリジナルバッグが PULSEデザインだったので合点がいった。
このTUMI Version、デザインモチーフとしてコラボレーションしてるのは、定番のTUMI(generation 4系)ではなく、T-Tech pulseなんですね。
さすがにTUMIも定番デザインは貸さなかったとみえる。。。

Tumi_x_toyota_02

やりすぎ感のあるシートカバーを除けば(って、ここがウリなんだろうけどさ)、シフトノブのTUMIレッドや、ダークなフロアマット、スカッフプレートイルミネーションやエンブレムプレート、と個々のデザイン処理はイイ感じ。

でも、個々は良くても、全部TUMIでございます〜と主張するクルマはやっぱ引くんではないだろうか。。。。?
ヴィトンは優れた製品(ブランド)だと思うけど、全身ヴィトンで固めた女性が立っていたらちょっと引いちゃうように。
・・・・エンブレムプレートだけ欲しいなあ(笑)

ただ、この装備全てに単体で買えば12万円になるT-Tech pulseがついて、約20万円というのは意外と安いんではないのか?
しかもフロアマットやラゲージマットがあるってことは、セット品のマット(約5万円)も割愛できるんだし。

いっそのこと、トヨタの全車種にプラス20万円のTUMIバージョンを設定して欲しい、そしたら買い換え対象はトヨタ車だ。
などと妄想しました。

–ADs–

ワタシがTUMIを買う時に必ずチェックするショップ。その時々で、価格、在庫に違いあり。(今までのところ、私はトラブルなし)

★ee-shoping

★daily-3

★アイウイル イズミヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください