映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

自立できないTG1

某雑誌にTG1のレビュー、送った。
文字数の都合で書けなかった小ネタをひとつ。

Tg1_11

TG1は、おそらくポケットへの収まりを意識して、突起のないデザインを基本にしつつ、さらにエッジを立てずにナナメに落とすことで、服地との引っかかりを避けるように丁寧にデザインされていると思う。

Tg1_12

底部も連外ではなく、ボディ側も、液晶側も接地していないのがわかるだろう。
液晶を閉じた状態なら自立するが・・・

Tg1_13

液晶を開いた瞬間、重心バランスの問題からか、素直に倒れて自立できない。

Tg1_14

決して大きくはないTG1の液晶だが、まあ、TG1自体軽いからなあ。
TG1はファインダーを持たないためと、液晶がスリープ←→クイックオン起動とのスイッチになっているため、液晶を閉じた状態では撮影できない。
三脚が要るってことだ。

Tg1_15

ちょっと惜しいなあ。
液晶を開いた底部に、開く脚部といったギミックがあれば、自立しそうなのに。
スナップカメラとしちゃ、ちょっとしたとき、固定撮影が出来るのはポイント高いと思うんだけどねえ。

–ADs–

デジタルHDビデオカメラレコーダー ソニー HDR-TG1

コメント (2)
  1. しましま より:

    な、なるほど、、、
    自立は無理ですね・・・
    アキバで現物を触って、ちょっと心を引かれていたんです、、、
    軽くて結構お手軽に撮れるって所が。。。
    ちょっと残念な。。。

  2. SAIKA より:

    まあ、軽いので、コンパクトカメラ用のテーブル三脚で十分OKだと思いますが、ちょっと惜しい。
    TG1いいですよね
    サブというか、子供用にはこれでいいか、とも・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください