映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Lightroom VS Aperture 速度比較

いよいよ今週末に発売されるADOBE PHOTOSHOP LIGHTROOM 2
Lightroomについてはいくつかの雑誌で書かせていただいたが、このVer.2 かなり良くなっていてApple Aperture派だったワタシも相当迷う出来になってる。

と言うわけでで雑誌でできなかったLightroom VS Aperture 速度比較を書いてみる。
いや、別に雑誌でガチンコ比較を避けた訳ではない。Lightroomはβ版ということでその段階での比較はどうかな、という理由だ。ここは個人ブログなのでやってみる。ただし、信頼度その他は、このブログの正確度ポリシーを予めご了解いただきたい。

Lr

写真は、先日、ハワイに行ったときに撮ったものの一部、4GB分。588枚の内訳は7割がRAWファイル(CR2)、3割がJPEGファイルだ。

これをLightroom と Aperture に読み込む。読み込み完了までが計測1。
Lightroom 、Apertureとも、読み込み時はRAWにエンデベットされたJPEGを表示に使い読み込み時間を短縮、その後、バックグラウンドで自前のエンジンによるプレビューファイルを生成して表示ファイルを差し替えている。このプレビュー生成時間が計測2。
最後に読み込んだRAW,JPEG混在の4GB、588枚の写真をバッチ処理で等倍のJPEGに現像して書き出す時間を計測3とした。

Lightroomは、一般公開されていた公開βよりは新しく、最終版よりは古いバージョン。
Apertureは、2.1.1。いくつかの3rd Partyプラグインが入った状態。
使用マシンは、MacPro 2 x 2.66GHz Xeon  OS 10.5.4 実装メモリ 5GB。

Lr2

Lightroomでは
読み込み 1分28秒。 プレビュー 7分57秒。バッチ書きだし 27分49秒。

Ap2

Apertureでは
読み込み 1分14秒。 プレビュー 11分10秒。バッチ書きだし 14分27秒。

それぞれ、速い部分、遅い部分があるようで・・
え?で、結局オマエはどっちを選ぶんだ?って?

Lightroom2 発注しました。でも、Apertureも使います。
同じ用途のアプリは2本持たない主義でしたが、一長一短あって悩ましく、まあ、それぞれ2の間は併用しよう、と。
次のメジャーアップデートのときに、あまり使わなくなってた方を止めようと思います。

–ADs–

 

コメント (2)
  1. Tetsuya4444 より:

    以前Windows PCでLightroomを使っていたんですが
    Macに完全移行してからはApertureに切り替えていました。
    現像自体はLightroomの方が使いやすいと感じていたのですが
    画像の管理や連携を含めてApertureを選択していました。
    Lightroom2を試用してみるとデータ管理関係がかなり良くなっていて
    またまた現像ソフトをどうしようか悩む状態になってしもた・・・
    iPhoneがモバイルフォトビュアー)として大活躍してるんで
    Apertureとの親和性が捨てがたいんですよねぇ。(アルバムを自動同期させれる)
    むぅ、悩む・・・
    取りあえず両方併用になりそうな気もします(笑)

  2. SAIKA より:

    いや、まったくその通りで
    Lightroomのメタデータ絞り込みとか、かなり有効で
    まあ、決められないから当分併用・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください