映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

印刷に適したPDFの作り方:Mac OS X Leopard

MACお宝鑑定団ブログ モリサワ「DTP環境効率化アップセミナー」レポート にて、知らなかったけど重要なTipsが書かれていたので、備忘録として書いておく。

カムロックシステムズ  百合 智夫
Leopardのプリントダイアログから、PDFデータを作成する場合
・「PDFとして保存」を使うと、PDFベースのエンジンであるQuartzのデータとなるため、印刷には向かないPDFデータが出来てしまう
・「Postscriptとして保存」を選択し、デスクトップ上に、Postscriptファイルとして書き出す。そのファイルをダブルクリックすると、PDFに変換するか聞かれるので、OKを押し、表示されたファイルを別名保存でPDFファイルとして保存する

(勝手に引用 > DANBOさん すみません)

印刷用データの作成はしないけど、覚えておいて損は無いTipsだ・・。

ちなみに、百合 智夫氏は、両方のA社につとめ(まあ、そういう人、実は多い)独立した方で、百合ショーと呼ばれる(笑)すごいインパクトのあるデモする人です。

-ADs-

コメント (3)
  1. とおりがかり より:

    CUPS-PDFをインストールして使用するという選択肢もあると思います。こちらの方が大きくなるけど互換性は高いものが出来るんじゃないかと。

  2. nano より:

    印刷用データの作成はしないけど試してみました
    ファイルをダブルクリックしたらプレビューが立ち上がり
    問答無用でPDFに変換しました
    でも別名保存したらAcrobatファイルに…
    これで良いのかな?

  3. SAIKA より:

    CUPS-PDF・・・
    不勉強でよくわかってません、今度調べてみます
    ありがとうございます
    nanoさん
    え〜と、まだ試してないんです・・・すみません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください