映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

デジタルリマスターとフィルム復元は違う

黒澤明の「羅生門」が、デジタル完全版と名うってBlu-ray化されるのは知っていたが、そのマスタリングプロセスはかなり本格的なものらしい。

フィルム復元者と企画担当者が語る「羅生門 デジタル完全版」のすべて
アカデミー・フィルム・アーカイブ マイケル・ポゴゼルスキー氏インタビュー

(Phile-web)

過去のコンテンツをDVDやBDにする際に、どうマスターテープ(あるいはデータ)を作るかってのは、エンコードの善し悪しや、ビットレート以上に重要な部分だと思うけど、そのクオリティはけっこうばらついているように思う。
担当者のこだわりやプロデューサーの予算感に依存してるなあ、と思っていたのだけど、

アメリカではデジタル復元を行う業者も多く、技術情報の交換も活発。プロジェクトを支援する財団や公的機関もあり、法的な制度も整っている(東京国立近代美術館フィルムセンター とちぎあきら氏)

と聞くと、あらためて彼我の深い差を感じてしまう。

復元は、4Kスキャン → 2K変換/キズ修復、補正 → 4K再変換 プロセスらしい。
全プロセスを4Kで行う訳ではないらしい。

「ただし、2Kの映像を2Kのままスキャンするよりも、4Kでスキャンしたほうがより詳細なデータが得られます。また、これには諸説あるのですが、そうしてできた2K解像度の映像を2Kのまま上映するよりも、4Kにアップしたほうが見た目上画質が向上するのです」(ポゴゼルスキー氏)

というのも、興味深いなあ。

「羅生門 デジタル完全版」(5千円弱)は、買おう。うん。
「比較検証用にデジタル復元を行う前の映像を収録」というのも興味深いし。

ただ、問題は、同時に出る「黒澤明ブルーレイBOX(限定生産)」(2万円近い)には
特製冊子「『羅生門』デジタル復元の軌跡(『羅生門』記録:野上照代インタビューを収録)
がついてくるということ。
う〜ん、個人的には、「乱」「まあだだよ」の黒澤映画には思い入れがないんだよなあ。

–ADs–


  

コメント (3)
  1. まこっと より:

    「羅生門」は黒澤作品の中でも興味深い一作ですね。
    これまたハリウッドでリメイクされて「暴行 (The Outrage)」
    という作品が作られまして、「羅生門」では三船敏郎の演じた
    暴漢を「暴行」ではポール・ニューマンが演じていたのですが、
    驚いたのは千秋実の演じた坊さん、「暴行」では牧師になるのですが、
    その役を「スタートレック」のカーク船長でお馴染みの、
    あのウィリアム・シャトナー(若い!)が演じていた事です。
    「スタートレック」シリーズが始まる前、1964年の作品です。
    ちなみに、こちらのADからAmazonに飛んでみた所、
    何故か「黒澤明 Blu-ray BOX」と「ランボー 最後の戦場」が
    「あわせて買いたい」組み合わせとして推奨されています。(笑)
    一方、「羅生門 デジタル完全版」と「あわせて買いたい」のは
    「L.A. CONFIDENTIAL ブルーレイ・エディション」なんですね。(笑)
    自分も「乱」や「まあだだよ」なんかには、あんまり興味ないです。
    黒澤明といえば、やっぱり「七人の侍」とか「用心棒」とか「椿三十郎」
    とかなんですが、個人的に最高傑作だと思っているのが「赤ひげ」です。
    まさか黒澤映画を見て涙を流すとは思っていませんでしたね。(笑)

  2. SAIKA より:

    わはは〜 > ランボー
    いま、やってみたら
    スタンリー・キューブリック コレクション (Blu-ray Disc)
    があわせて買いたいになってました
    羅生門 デジタル完全版は同じでした〜

  3. ゆずひこ より:

    >まさか黒澤映画を見て涙を流すとは思っていませんでしたね。(笑)
    とまこっとさんが書かれてることに、ちよっとびっくりです。
    私は黒澤映画は非常にヒューマニスティックだと思ってるので。
    「七人の侍」「用心棒」にしてもしっかりそういうものは流れてますしね。
    「乱」は以前東宝が作ったDVDマスターそのままなんだろうか
    なにも言及されてないですが。
    個人的には、BOXの中では「乱」が一番気になります。
    あの映像美をBlu-ray で最高の状態で見られたらいいんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください