映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ビデオサロン3月号とHF11

ビデオサロン 2009年3月号の見本誌と、編集部から借りたCanon HF11が届いた。
この春は、各社意欲的なAVCHD機を投入する当たり年で、3月号でもキヤノン、ソニー、パナの新型を中心に、ビクター、サンヨーを特集。
同一条件での比較も見ることが出来る。今年購入を考えてるなら必見。

Hf11_1

ただ、P37での画角比較(広角側)。キヤノンの43.5mmとソニーの43mmの画角に差がありすぎるように思う。
いくらなんでもコンマ5mmでここまで差はでないだろ。写真にミスがあるんじゃないかなあ。>誰となく・・

訂正追記:取り違えではないそうです。失礼しました>各位

Hf11_2

で、新型が出てるのに、旧型になるHF11をなぜ借りたのかというと、ちょっと気になることの検証のため、24Mbps機が必要だったから。
内容は原稿に反映させる予定なので書きません(すみません)が、もし、原稿化しなかったらここで書きます〜。

ちなみに3月号では、製品レポートを2つほど書いています。

–ads–

コメント (2)
  1. itchy より:

    はい。誰となく、といわれたので、
    担当者にさっそく訊いてみました。
    写真は間違いじゃないみたいです。
    ただ人力タクシーの中の手持ち撮影なので、微妙にカメラと被写体が前後することはあるので、厳密な違いとは言えないかもしれませんね。
    ところで、キヤノンとソニーの違いよりも、
    サンヨーとパナソニックの差のほうが大きいですよね。
    こちらも0.5㎜の差なのに…。

  2. SAIKA より:

    ありがとうございました
    すみませんでした。訂正しました
    サンヨーとパナの差も大きいですね(^^)
    実使用に近いシチュエーションの作例は有効だけど
    落とし穴もありそうですねえ・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください