映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

旅カメラはどれにしよう ミラーレス編

もうすぐ4月、つまり1ヶ月後にはゴールデンウイーク、だからという訳でもないけれど、旅カメラ、というか、自分が旅行や出張にカメラを持っていくとき、自分の保有するカメラの中で(ここ、前提)どれを持っていこう、という検討。
ここでいう旅行って、仕事等で「撮影を目的」として行く、んじゃなく、遊びや、家族旅行や、出張ついでに、というシチュエーション。

仕事の時は、その目的がすべてに優先するので、この時はハワイまでEOS 5D Mark IVとEOS-1D X Mark IIと大口径レンズに三脚・・・という重装備で行きましたが、今回の検討はそうじゃなく(笑)

旅カメラ_01

いま、手元にあるメイン機材は左から、OM-D E-M1 Mark II、EOS R、OM-D E-M1X(検証機)、EOS-1D X Mark II。
まあ、仕事じゃなく、飛行機撮りに行くのでもなければEOS-1D X Mark IIは除外(笑)。OM-D E-M1Xも普段なら除外だけど、手元にあるのが嬉しいので、いったん検討対象とします。
また、持っていないけれど、出たばかりのEOS RPも検討対象に。

旅カメラ_02

正面からのサイズ比較。
OM-D E-M1Xは別格として、EOS RPがフルサイズにも関わらず、マイクロフォーサーズのOM-D E-M1 Mark IIより小さいことに改めて驚きます。もちろん、サイズだけならOM-DじゃなくPENシリーズだろ、というツッコミもあるとは思いますが、あくまでワタシが持っているカメラの中で、なので、そこはよろしくお願いいたします(笑)

自分の基本的な考えとして、カメラの重さはボディだけ比べてもダメで、レンズを含む「システム重量」だと思ってます。
ので、これも自分の持つ、レンズを前提として較べて見ます。

旅カメラ_03

画素数と重量のバランスを考えると、EOS R兄弟のバランス、さすがです。
ただ、現状、RFマウントの標準ズームがRF24-105mmF4L一択に対し、OM-Dにはコンパクトかつ描写に優れたED12-40mmF2.8があるのが大きな強み。
EOS RPに24-105着けるとOM-D E-M1 Mark IIに12-40着けたものより重くなります。
RFレンズはハイエンドレンズ中心で初期ラインナップが拡充されていますが、EOS RFには24-70mmのパンケーキズームなんかが似合うと思うんですよね。

旅カメラ_04

ちなみにOM-D E-M1 Mark IIとEOS Rだと僅かにOM-D E-M1 Mark IIがコンパクト。(サイズ、重量ともに)
とはいえ、このサイズ差でフルサイズ、というのはアドバンテージ高い。ただ、旅行に連れて行く前提の場合、必ずしもフルサイズに拘ることもないかなとは思っている。(それでも夜や室内の高感度設定時、同じ感度ならEOS Rの方があきらかに画質は上。OM-Dは高性能な手ぶれ補正を活かしてシャッター速度を落とすことでそこに互するイメージ)

旅カメラ_05

で、最近お気に入りのミニマムな構成はEOS RにRF35mmF1.8だけ着ける形。
今年、仕事で地方出張が多かったのですが、2~3時間、空き時間できるので、そんなとき用のカメラです。
かろうじて900g台。まあ、ハンドストラップやらメタルフードで実質1kgは超えてるんですが、これは軽いです。
これにピークデザインのキャプチャーつけて鞄にマウントすると散歩に好適です。

旅カメラ_06

EOS R、EOS RP、OM-D E-M1 Mark II、OM-D E-M1Xと、それぞれ保有するレンズ、さらにバッテリーやチャージャーを含め、シチュエーション別構成をだして重量を見てみる。
OM-D E-M1 Mark II以外、USB-C充電可能なのでガチに撮影旅行じゃなければ充電はMacBook Proと共有でいけると思うと85〜130g浮く。

追記:EOS RPのバッテリーおよびチャージャーが違うことをコメントでお教え頂きました
すみません、近日。図版差しかえます。

比べるとEOS R系は現状レンズが重いので、CP+でモック展示されていた24-240mmや70-200mmが出てくるとかなり状況が変わる印象。

OM-D E-M1Xはやはり旅カメラではないヘビー級イメージだけど、GPS内蔵していたり、シャワー浴びても大丈夫な全天候性持っていたりと、旅にも強みはあるんですよね。(それはEOS-1D X Mark IIも同じだけど、バッテリーやチャージャーがEOS-1D X Mark IIは重すぎて)

旅カメラ_07

ただ、OM-D E-M1Xは重さもさることながら、サイズの問題でひらくPCバッグ nano(写真下)やmini(写真上)に納まらない。

旅カメラ_08

ピークデザインのカメラキューブ(写真上)にOM-D E-M1Xは入るけれど、EOS-1D X Mark IIは厳しい。
f.64のショルダー(写真下)なら両者余裕。

旅カメラ_09

こうしてみるとEOS-1D X Mark IIとOM-D E-M1Xの差は、ペンタ部の差だと思いますね。

という訳で、自分の旅カメラはEOS RかM-D E-M1 Mark II、現状で100mmまでで良ければEOS R、200mm相当まで欲しいときはOM-D E-M1 Mark IIでしょうか。

–ads–

コメント (1)
  1. 愛読者 より:

    細かいことですが、EOS RPのバッテリーはLP-E17ですので45gのはずです。 チャージャーも必然的に、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください