映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iVIS HF S11 アクティブ手ブレ補正の活かし方

この夏のコンシューマービデオカメラのトレンドは進化した手ブレ補正だと思う。
キヤノン iVIS HF21の手ブレ補正については、美女系モデルのテスト映像が好評(笑)だが、今回は上位機であるiVIS HF S11 の手ブレ補正(アクティブモードのオンオフ)を比較。
(編集およびYouTubeアップロードは、アップルのFinal Cut Pro 7 でProRes 422 LTを使用)

Canon_ivis_hf_s11

みんぽす このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」が無償で提供しています。本レビュー掲載は無報酬です。
また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

手ブレ補正自体は昔からビデオカメラの重要トレンドのひとつ(文字通り、ブレンビーなんて商品もありましたね)。いまでは全メーカー全機種についてると言っても過言ではない。
でも、効果というか、補正アルゴリズムは各社さまざまで、意外と差が出るところ。

iVIS HF S11 の アクティブ手ブレ補正は、同機の強力なズーム機能と併用すると、その効果が分かると思う。

ね、望遠側は手ブレしやすいってのは、中級者以上には常識だけど、このくらい差がつくのです。ええ。
あー、iVIS HF S11 欲しくなってきた(^_^; ヤバいなあ。

—ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください