映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 雑感

家族が皆出かけてた土曜日なので、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を見てきました。
パンフは通常版と特装版があるけれど200円程度の違いなので、特装版がオススメ。本篇中のスチルより多くのイメージボードが掲載されていて素晴らしい。
以下、ストーリーのネタバレはないけれど、それ以外のネタバレ含むので初心で見たい方はここまでで・・。

あの音楽が使われてるというのはすでにオープンになっちゃってるけれど、あれ以外にもアレンジ曲は使われていてオールド世代の人間にはとても良い陶酔感。
そしてエンドロールに、
Original Score Akira Ifukube と流れたら泣けちゃうじゃん。
伊福部昭氏への敬意も感じたけれど、クレジットの最後にもうふたりの日本人の名前が出たときは震えました。
マイケル・ドハティ(監督)、日本の監督が撮るより相応しいひとだったのかも。

すごく楽しんだのですが、細かなオマージュや音楽、アラフィフ世代には極上のサービスだけど、若い世代にはたぶん伝わらない部分だよなあと思うと、安彦さん版ガンダムとか2199ヤマトとちょっとかぶる気もしたり。
もちろん、昔のゴジラとか知らなくても楽しめるとは思いますが。
予告篇 https://youtu.be/I_sDRg4oOHQ

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください